Daily Archives: 12月 15, 2016

人生なんて成り行き。でもチャンスをものに出来るなら、それは成功である

Published by:

今やってる仕事を「やりたくてやった」人間なんてどれくらいいるんだろう?
安定が欲しくて、とか、女の子にもてたくて、選べるのがそれしかなくて、とか。
ぶっちゃけ人生なんて大半成り行きである。
成り行きで就職が決まり、成り行きで結婚。成り行きで恋人できちゃった。みたいな。
だから大半の人が「成り行き」でしかない人生に虚無感を覚える。「これでいいの?」
はっきり言ってやろう。人生なんてチャンスだらけでそこらへんにチャンスは転がっている。なんのチャンス?と聞かれたら「やったー!成功した!」って言う喜び。まさに「これに会う為に生まれてきたんだわ」なんて言えちゃう感動だ。えっ?!そんなの味わったこと無いけれど。と思ったあなた。それは紛れもなくあなたのせい。

その前に皆に言いたいのは「何を持って成功か」って事に目を向けて欲しい。
大体男の成功なんて「女にもてたくて」「認められたくて」であり、間違っても他人の為ではなく自分の為。そこまで単純に成功に関して思えればいいが、女性の場合複雑。
ぶっちゃけ女性にまっとうな成功願望なんてない。あえて言うなら、本当に愛する男性の腕の中にいることぐらい。だけど世の中の大半の男はバカとビッグマウスの気弱ばっかりなので、女性達の夢が叶うことはそう簡単には出来なさそうだ。

さて、ここでとある人達を目に向けたい。その名を知らぬ人はいない程、有名な人「ベートベン」「モーツァルト」の人生に着目したい。彼は今の世の中からしたら紛れもなく成功者。音楽一つで有名になり、死して尚、曲は知れ渡る。
だけど事実は置いといて、史実を読む限り彼らは超苦労人。最後はかなり悲惨だった。生きてる間対した贅沢はなかったが、彼らは果たして「自分の人生は成功した!」なんて一瞬でも頭をよぎった事はあったんだろうか?
いや、ない。ないからこそ、楽譜を作り続けられたのだ。

おすすめのネット紹介は?


ドコモ光のプロバイダー特典はこちらから

おそらく、私達が思う成功者は誰一人して「自分が成功してる」なんて思ってない。ベートベンだって、シューベルトだって。成功したい、成功したいって思い続け、あの素晴らしい曲が出来たんだろう。

むしろ成功なんてしない方がいい。なんでって成功した所で人生は続くのだ。
「やったー!あ、あれ?明日からどうしよう?」
最初から言っておくが、成功した所で劇的にあなたの人生は変わらない。家を買っても、女にもてても、結婚しても、最後の最後まであなたはあなた。しかも、成功の喜びなんて長くは続かないし、一瞬だけ。
今でも子役でハリウッドで成功した人達は「勝手に決められた成功」がずっと付きまとい、早死にするか、あの時以上の人生はないなどと思い身を滅ぼす人が多いんだろう。
人には二つの悲しみがあると言う。一つは成功願望がない悲しみと、成功が叶った悲しみ。
ぶっちゃけ私、成功した人。だから言える、成功したあとの虚無感なんて本当に果てしない。まず何事もやる気ないし、死んだっていい。だって、もう成功したんだもの。

では続き。じゃぁベートベンやモーツァルトみたいに、生きてる間は苦労して、死んだ後に「成功者」になりたいか?と言ったら、きっとあなたはNOと言う。
だって生きてるうちに幸せになりたいんだもん。